本はため込まずに売る

読書が趣味なので、自宅に大量の本が溜まってしまう事があります。

漫画も読むし、小説やエッセイなど軽い読み物も良く読むのでどんどん溜まっていってしまいます。
読み返すことももちろんあるのですが多くても2~3度、ほとんどは1度読んだらそれきりなのです。

洋服や靴はすぐに捨てることが出来るのになぜか本だけは中々捨てる気持ちになれなくて、かと言って売りに行くには重たいし何より量が多すぎる…
そんなこともあって部屋中に本をため込んでいました。

どこにどの本があるかも把握できていないので、同じ本を買ってきて途中まで読んでは「これ持ってる・・・」と気づいたときの情けないこと。
しかも一度や二度ではないのです。

さすがにもったいなく感じたのと、もしかしたら仕事の関係でいずれ引っ越さないといけなくなるかもしれない事になり、少しづつ荷物の整理をすることになりました。

ネットで調べると電話すれば引き取りに来てくれるそうでした。とりあえず、段ボール5つ分と電話口で伝え日時を予約。

5つ分と言ったのは、先に宣言しておけばそのくらいは減らせると思ったからです。

本なんかの買い取り価格は微々たるものなので期待せずに、捨てる手間がなくなったくらいに思っておこう。そう言い聞かせてパラパラ読みに時間を取られながらも、あっという間に段ボール5つ分の本を詰めてしまいました。

ついでに紙袋にCDやDVDも詰めておきました。予約時に伝えていないので持って行ってくれない可能性もありましたが、その時は予約し直してさらに本を手放そうと思っていました。

予約日になり引き取りに来ました。紙袋の物は少し考えていましたが、結局持って行ってくれました。
査定が終わったら銀行振り込みで支払うという仕組みでした。

買い取れない商品をどうするか、買い取り金額が分かったら電話などで知らせる必要があるかどうかなど書類を書いて確認していました。
処分が目的だったので買い取れない商品は送り返さず処分、買い取り金額はきっと大したことないし捨てるつもりのモノに少しでも値段が付けばラッキー程度だったので不要という事にしました。
文庫本は確かに数十円の物がほとんどらしいですが、CDとDVDが意外と値が付いたらしく3万円弱の値段でした。
部屋の圧迫感が少し改善されたので、この調子でもう少し減らしていきたいと思います。

http://本を売るならどこがいい.jpn.org/