10月 28, 2018

私が最近読んだ小説は、髙見澤俊彦著の「音叉」です。 昨年からオール読物に不定期連載された小説が、今年7月13日に単行本として発売されました。 初小説とは思えないくらいの内容です。ネタばれしない程度にあらすじを書きます。 主人公風間雅彦は、友人と組んだバンドでデビューの話しが持ち上がっています。 でもデビューの為にある条件を出され困惑する場面から始まります。1973年頃の実際起きた事件を取り入れながら、雅彦を取り巻く女性達との恋愛も挟んだ青春ストーリーです。男女との恋愛シーンがあると言う事はと思い、どう描く... Read More