9月 2018

血の繋がりというものは時に厄介なものです。切りたくても切れない関係で、子供は親を選べません。 この物語は母親にずっと従って生きてきた主人公が歳下の青年と初めての恋をして家族という関係を見つめ直していく物語です。 娘を鳥かごに入れるように大切に育ててきた母親は「みっともない」ことに嫌悪感を抱いていました。 そんな母親に育てられた主人公もまた、他人から「みっともない」と思われることを嫌っていました。 「子育ては洗脳のようなものだ」と言う人が存在しますがそれはあながち誤っていないのでは、と感じるような二人です。... Read More